格安航空券の本当の意味

格安航空券、という言葉を知っているでしょうか。
意外と、最近では様々なところでこの言葉を聞くようにはなりましたが、実は漠然と持っているイメージと実際の物とは違うということも多々あることなんです。
今回は、そんな格安航空券とは一体何なのかということについてを解説していきましょう。

ただ安いだけの航空券ではない

kouyou-ryoko
格安の航空券、つまりは安い航空券ならば全部これに該当するのではないかというのがきっと漠然としたイメージだと思います。
実際、そういったものを総称して格安の航空券という風に呼ぶこともありますが、正しい意味でも格安の航空券という言葉は実は全部をカバーしているわけではないです。
安い航空券にも、正規割引運賃、PEX航空券という物もありますし他にも格安航空会社の航空券を購入すればそれは正規運賃であっても、大手の航空会社の航空券と比較すればそれは格安になるわけですからこれも格安の航空券と呼べるのではないかということもありますが実はこれらは定義された意味では全部別物なのです。
正しい意味での格安の航空券というのは実は旅行代理店などが代理店側だけで値段を決定して販売している航空券のことを示しているんですね。

旅行店が販売する航空券とは

kyoto-img
航空券の値段は、通常航空会社が日本の政府が決めた規定内の値段で自社で値段を決定して販売する物なのですが、実はそれとは別に航空会社は旅行代理店にツアー用や団体客用という名目で少し安い料金でまとめて航空券を卸しているんです。
旅行代理店は、それをバラ売りしてなおかつ旅行代理店側で需要や時期などに合わせて値段を安くしたりして格安航空券 国内旅行に行く消費者にパっケージツアーなどに使わずに単体の航空券として販売しているんですね。
実は、格安の航空券というのはこれを指している言葉なのです。
だから、他の安い航空券というのはまた別の物ナのだということが本当は正しい理解なんですね。
総合的に値段が安ければ消費者としてはどちらでもいいかもしれませんが、人に言う時に伝わらないこともありますので覚えておくといいでしょう。

どちらが安いのか

これに関しては一概には言えません、正直ケースバイケースです。
飛行機のチケット、というのは購入時期や行き先、発着日時などで大きく変わります。
それを、どう取り扱うかというのは結局はある程度販売元の意思が反映されることなので、どこで買えば一番安いかというのはその時々や目的によって変わるのです。

更新情報

△PAGE TOP

Copyright © 2016 格安航空券とツアーはどちらが安い?よりお得に旅行する方法 All Rights Reserved.