格安航空券とそれ以外の割引航空券

- 格安航空券とそれ以外の割引航空券

格安航空券とそれ以外の割引航空券

格安航空券は、実は全部の安い航空券の事を示した言葉ではないのですが、それならば格安航空券と他の割引航空券ではどちらが安いのかという事が気になりますよね。
今回は、そんな値段比較についてを紹介して行きましょう。

どっちがお得なのか

昔の基準で言えば、正規割引運賃などの値段の方が旅行代理店が販売している、バラ売りされたツアー用航空チケットよりもずっと高かったです。
しかし、2010年代頃から航空会社各位も様々な割引制度を取り入れることによってそこに値段を近づけるようにしており、現在では開きはそれほど大きくなくなっています。
それでも、値段の話だけで言えばやはり旅行代理店側では自由に航空券の値段を設定する事が出来るというメリットを持っていますので、一番安いのは旅行代理店で販売されているパックツアー用の卸し航空券が安い事が多いですね。
しかし、だからと言って一番得だというわけではないところが航空券購入基準のポイントなのです。

デメリットもある

旅行代理店で卸されている航空券は、たしかに一番安く購入する事が出来る物ではあるのですが、値段が安い以上どうしてもデメリットもいくつかあります。
代表的な物はやはりマイルのポイント率が非常に低いということなんですね。
正規運賃割引に比べると、ポイント付与率が低くなってしまう上に例えばマイルを使って席をグレードアップする事が出来る、というような制度も格安の航空券だと利用する事が出来ないこともあるんですね。
他にも、チェックインするまで座席を決める事が出来ないのでッフライト当日は早めにチェックインをしないといけないなど不便なこともあります。
格安航空券に関する反応を集めてみました。

どちらを取るか

しかし、値段の安さという優位性はとても大きいですね。
どちらがお得なのかという疑問に関しては結局のところ自分が安さと利便性や、それ以外のお得な特典などを自分がバランスでどこまで求めるのかによってくる、というのが結論です。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP

Copyright © 2016 格安航空券とツアーはどちらが安い?よりお得に旅行する方法 All Rights Reserved.